スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アジアンキッズ・ジャズコンファレンス2008その.10



 3部はジュニアジャズとゲストの場面。4曲演奏するが、この場面でネスティコ氏の書き下ろしを演奏する。 普段のジャズコンサートでは、私自身もリラックスして笑顔で演奏をモットーにしているが、この日はさすがに余裕がない。 子供達も良い演奏をしようと緊張気味。こう言うときはあえてリラックスさせずそのまま演奏に入った方が良い。緊張も演奏には必要なのである。3曲の出来は今までにない良い出来である。 プロジェクターを使った場面転換後ジュニアジャズの登場。 曲は「ブルース組曲.2008」、この2年ほど形を変えながら続けている曲で、チックコリアとの共演でも演奏した思い出深い曲である。全国的にも見てもジュニアのグループで、自分たちで作った曲を自分たちで演奏するグループは数少ないのではないだろうか。 曲に慣れているせいかこの数年で一番の出来である。
 
 4部は今日のハイライト「アジアンキッズジャズ」の発表である。 時計を見ると9時近い。場面転換が終わり次第演奏に入る。 「Step to Asia2008」は2部構成からなる20分ほどの組曲である。砂漠の情景を表した前半から、後半のDANCEの部分に入る。この曲、非常に難しいユニゾンが挿入されているが、見事に決まりエンディングに。 エンディングはスティーブサックスのサックスで盛り上げエンディング終了。アンコールへ。終わってみると、あっけないが半年前からコツコツ調べてきた日々が脳裏をよぎる。
アンコールは「Voice of Asian Kids」60名のメンバー全員で1つのメロディーを奏でるという曲である。この曲には、私自身が年令、性別、国籍、身分を越えて音楽を奏でたいと言う願いが込められている。
 会場にはウズベキスタン駐日大使オチロフ夫妻の姿も見える。オチロフ夫妻も満足そうである。
最後は“ありがとうございました”の全員挨拶でコンサートの幕をおろす。

Comment

非公開コメント

プロフィール

jazzmonth3567

Author:jazzmonth3567
ジャズマンスイン旭川ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。