スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アジアンキッズ・ジャズコンファレンス2008その.14



【交流.4】
 ウズベクの楽器の話を。
この地方一帯は乾燥した砂漠の地域が多い。 その様なことで街のあちこちにオアシスがある。オアシスというのは風砂をさけるために作られた緑地帯であるが、街全体がそうなっている場合もある。
シルクロードのタクラマカン砂漠に行くと、長距離を走る内、妙に肌がしめってくる。オアシスが近いのである。湿度10%位の地域なのですぐ分かるのである。街に入るとそれはそれは豊かなポプラ並木。
シルクロード一帯はどこに行っても、オアシスは豊かな水と木がある。 その木の中で桑の木がよく見られる。何故かというと、絹を作っているのである。 と言うことで、楽器に使われる木も桑の木が多い。
蚕=絹=桑の木=楽器。 という図式である。 今回の楽器も木の楽器が多い。 写真はウズベクバイオリンの(ギジェク)これでヴァイオリンソナタなどスラスラ弾いてしまう。 それと二弦楽器の(ドタール)とにかくこの地方弦楽器が多い。 楽しいこと、お祝い事があるとすぐ、音楽と踊りである。 酒を飲み、楽器を弾き、みんなで踊るのである。 こんなこと日本ではとっくの間に無くなってしまったけれど、昔はどこの田舎でもあったことである。

Comment

非公開コメント

プロフィール

jazzmonth3567

Author:jazzmonth3567
ジャズマンスイン旭川ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。