スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

中央アジア料理




同じタイトルが続いたので、ここでウイグル料理の麺料理(ラフマン)のことを。

この料理一度紹介したが、あまりに気に入っているのですこし詳しく説明を。

麺は強力粉でうどんのようにこねて作る。 特徴は、もう・・・倒れそうなくらい油(サラダ油)をつかう。 聞いてみるとこれがみそらしい。どのみち茹でてしまうので、油はあまり関係ないが。
麺を打つ?のばす時、この油が効果を発揮する。 日本では麺をのばすとき粉を使うが、ここが文化の違い。この麺うちが出来ないと現地では嫁にいけないらしい・・・。麺を打っている人はウイグルの人で女医さんのミルグリさん。 もちろん結婚している。 勉強にこちらに来ている。
麺をひものようにスルスルのばし、手打ち麺のようにパンパンとのばしていく。ひもにしてからこの間3分とても鮮やか。
それと一緒に食べる具はトマト風味の牛丼? みたいな味。何か特別なスパイスが入っているが分からない。彼女の家には新彊から持参の調味料が多くある。 やはりなあ・・・・。 脂っこいがトマトが効いているので爽やかに感じる。 これ、何倍でも食べれる。 不思議な食べ物である。 ウイグルでは街頭でホコリもうもうの中食べる。 多少ゴミが入っていても気にしない。 場面が変わると人は強い。 日本は清潔なので安心して食べれる。 最近、部屋の匂い消しの宣伝しているが、あんなものなくても人は生きていける。
人は元来強いのである。

Comment

非公開コメント

プロフィール

jazzmonth3567

Author:jazzmonth3567
ジャズマンスイン旭川ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。