スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

カムイ・パーカッションシンフォニーコンサート








JMIA(ジャズマンス・イン・旭川)が渡辺亮さんと出会ったのは2005年。同じパーカッショニストのヤヒロトモヒロさんから紹介されたのが最初だったと記憶しています。以来、亮さんには何度もJMIAにご参加いただくとともに、JMIAジュニア・ジャズオーケストラ(主に旭川市内の学生によって結成)への音楽クリニック、ワークショップなどを通して大変お世話になっているアーティストの一人です。

JMIA2005は今思い出してみてもあまりにも斬新な出来事の連続でした。
その当時の模様は以下のリンクに詳しく掲載されています。
http://studioan.web.fc2.com/html/information.html
上記よりJMIA2005の概要をクリック

もともと、佐渡「鼓童」アースセレブレーションなどでサンバやパーカッションのワークショップを行っていた亮さんは、その後、福島県いわき市の文化交流館「アリオス」を拠点に2008年~2010年まで「渡辺亮パーカッション・連続ワークショップ『森と海と川と河童のためのパーカッション・シンフォニー』」を開催し、主にいわき市民からなるパーカッショングループ「OVO NOVO(オーヴォ・ノーヴォ)」結成の土台をつくってきました。

その亮さんからJMIA代表の村田和子さん、音楽プロデューサーの佐々木義生さんに今回のいわゆる2011年3月11日「東日本大震災」による福島県いわき市の惨状ぶりが伝えられたことに起因し、急きょJMIAの実行委員会、およびJMIAジュニア・ジャズオーケストラ(JJO)父母の会が中心となって「いわき市OVO NOVO招聘実行委員会」が組織され、JJO顧問の松浦欣也先生を実行委員長に迎え、この度の東日本大震災で被災した福島県いわき市の子ども達との交流と支援事業を開催することとなりました。

詳細はチラシを見ていただけたらと思います。ちなみに今回のチラシのおもて面の絵は、渡辺亮さん書下ろしによる「Live Under the Korkoni/蕗(フキ)の下の音楽会」。実は亮さん、武蔵美出身で、妖怪シリーズの絵で知られる画家でもあるのです。

Comment

非公開コメント

プロフィール

jazzmonth3567

Author:jazzmonth3567
ジャズマンスイン旭川ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。