スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

福島いわき市と旭川市合同パーカッションワークショップ.7



写真の楽器はタンボリン。
ラテン楽器には名称の面白いものが多い。
巨大な太鼓のスルド、小太鼓のカイシャ、小太鼓の兄弟のへピニキ、マラカスの仲間ガンザ、
へこへこする音のヘコヘコ?、クィー!という音のクィーカ、どれも民族特有の生活の中から出てきた音と名前である。

アイヌのトンコリ、ムックリ、も同じ生活の中から出てきた楽器である。
アイヌの大きな特徴は歌(ウポポ)が多いことである。

何かにつけ歌う。 お祝い、葬式、感謝儀式、すべて音楽が奏でられる。
これは、アフリカ、ネイティブアメリカン(インディアン)の風習と非常に似ている。

日本でいう正月とお盆に集まり家族会を行うのとはずいぶん違う。
日本も昔、儀式のおりに音楽が奏でられたが、もうそれも遠い昔のこと。

今回のワークショップの一番に取り組むことは、口伝である。そう、口伝え。
これが一番日本人になくなっている。

メールでは伝わる情報量が少ないのである。

Comment

非公開コメント

プロフィール

jazzmonth3567

Author:jazzmonth3567
ジャズマンスイン旭川ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。