スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャズマンスイン旭川2012/THE WORLD OF SAMMY NESTICO

2012年11月10.11日にわたり第17回ジャズマンスイン旭川
を行います。
今年は2005年以来のジャズ作編曲家の巨匠「サミーネスティコ」
をテーマに開催します。

「THE WORLD OF SAMMY NESTICO 2012」
「ビックバンドの聖典・サミーネスティコの世界」です。


氏は今年88歳。
年齢で言うと最晩年に当たるが、いまだ創作意欲は
衰えておらず斬新なサウンドの創作を続けている。

今回は昨年の新譜『On the Sammy Side of the Street」
を中心に全曲サミーネスティコの曲を演奏予定。
そのような事からゲストもビックバンドリーダー
が2名を含んだ6名を特別に招聘します。
・エリック宮城(Tp)
・多田誠司(A.Sax)
・片岡雄三(Tb)
・守屋純子(Pf)
・中村健吾(Bass)
・広瀬潤次(Dr)


※ネスティコ氏自身は、高齢から来る体調不良のため特別に映像での
 メッセージ参加となります。

今回の目玉は「JMIAサミーネスティコ・メモリアルオーケストラ」です。
このオーケストラはゲストメンバー6名+10名からなる今回の為の特別オーケストラで、
昨年制作された氏の一番新しい新譜「ON THE SAMMY SIDE OF THE STREET」
を演奏する為に特別に集めた精鋭のオーケストラです。

その他、旭川ジュニア・ジャズオーケストラOBの「JMIAリユニオン・ジャズオーケストラ」
も出演する。

【6名のゲスト】

言わずと知れた日本を代表するスーパートランペッター
自己のオーケストラEMバンドのリーダーとしても活躍。
近年はフリューゲルホルンによるメローな表現も秀逸。

多田誠司(アルトサックス)

日野皓正クインテットのメンバーとしても名高い。
自己のバンド「MOST」の演奏でも知られる。
エネルギッシュなアドリブは近年特に磨きがかかる。

片岡雄三(トロンボーン)

シャープ&フラット他数々の著名ビックバンドで経験を積む。 
近年コンボ演奏で見せる圧倒的なテクニックとパワフルな
音は他の追従を許さない。

守屋純子(ピアノ)

守屋純子ジャズオーケストラのリーダーとして活躍する。
セロニアス・モンク・コンペティション作曲部門で優勝する
など、作編曲家としても自己のオーケストラの為、数多く作曲。
2005年以来の出演。

中村健吾(ベース)

ウイントンマルサリス&リンカーンセンタージャズオーケストラ
の参加等、米国で身に付けた豊かな音量とテクニックが魅力。
小曽根真&ノーネームホースのメンバーとしても知られる。
ジャズマンスイン旭川初出演。

広瀬潤次(ドラム)

コンボからビックバンドまで演奏する逸材。
バディーリッチスタイルのビックバンド演奏は
特に秀逸である。
2010年以来の出演。

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

Comment

非公開コメント

プロフィール

jazzmonth3567

Author:jazzmonth3567
ジャズマンスイン旭川ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。