スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

アジアンジャズはあるか!その.5

11月中から12月上旬まで米国サンディエゴに行ってきた。
ジャズの作曲家、巨匠サミーネスティコに会うためである。

ネスティコは数々のジャズビックバンドの作曲をし、学生バンドからは「バイブル(聖典)」
と言われている人である。

この数回アジアンジャズについて書いているが、果たしてアメリカのジャズはあるのか?
本家本元のアメリカが廃れていっては悲しいというもの。
ジャズ生活60年アメリカンジャズの神髄と言っても良い、彼を通じてアメリカのジャズを
みてみると、まだまだ死んではいないが、昔に戻りつつある気がする。

今、アメリカは経済状態を見れば分かるように、非常な低迷にあえいでいる。
世界の警察とまで言われ、いつも文化、経済で世界をリードしてきた大国である。
足踏みをしながら、未来への展望は開けず、とりあえず昔に返ってみようか、
という気がしないでもない。

この100年の間にジャズは猛スピードで進化し続け、すでに60年代後半フリージャズの台頭
と、マイルスのロックビートの導入で、ジャズが大きく変化した。

これは、進歩なのか退化なのかは分からないが、何かが大きく変わりジャズは大衆の
ポップスと変わらないものとなっていった。

黒人と白人の軋轢の中から生まれたジャズは、もともと非常に個人的なものであるが、
差別運動のパワーに巻き込まれ、次第に黒人の代名詞の音楽となっていく。
が、しかしジャズから大衆に向かった者(レイチャールズ等)はポピュラーとして成功し、
その他はチャーリパーカーのようにビバップとして個人の音楽にとどまった。

いずれにしても、ジャズは細胞分裂のように分裂を繰り返し、世界各地に拡散して
いった。

そして、2011年サミーネスティコのところでアメリカンスタイルの朝食を食べながら、
アメリカ人のこの生活スタイルがジャズを支えているのだろうな・・・。
などと考える。 しかし、明るい展望の見えないアメリカのジャズシーンに対して、
アジアはまだまだ成熟していない。日本はせいぜいまだ50年くらいしか歴史がないのだから。

数100年の歴史を持つクラシック音楽とは比べようがないというもの。

1960年代後半日本ジャズの黎明期と言われるが、いまだに黎明期が続いている気がする。












Comment

非公開コメント

プロフィール

jazzmonth3567

Author:jazzmonth3567
ジャズマンスイン旭川ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。