スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新譜「On the Sammy Side of the Street」を考える.1                 1930年の名曲「On the Sanny Side of the Street」

ネスティコ氏の新譜「On the Sammy Side of the Street」では、
全14曲中、9曲のアレンジ、5曲のオリジナルを録音している。

新譜を考えるシリーズの初回は「On the Sanny Side of the Street」
を取り上げる。

アルバムタイトルを見て分かるがタイトルが、趣のあるシャレである。
ネスティコ氏はいつも非常に明るいジョーク好きのアメリカ人である。
今回のアルバムには特にアメリカ人特有のジョークと遊びが隠されている。


"On the Sunny Side of the Street"
 (Ted Lewis, 1930)
「On the Sanny Side of the Street」は1930年ブロードウェー・ミュージカル
「 International Revue」 のために書かれた。
タイトルは「明るい表通りで」となる事が多いが、正確には
「陽のあたる道で」の方が正確である。

歌詞は「お金持ちになれないけれど、表通りを歩いていれば幸せさ」という
簡単なものだが、1930年を考えて見ると、アメリカではニューヨーク、ウォール街
で起きた株の大暴落により有名な世界大恐慌が始まる年である。

のんびりした歌詞と明るいメロディとは裏腹の暗い世相なのである。

この曲のアレンジの元になっているのは、トミードーシー楽団のものである。
スタイルは氏が得意のバンド全体が豪快にスイングするベイシースタイルである。
しかし洗練されたハーモニーの使い方はまさにネスティコ流である。

聞いてみて耳を弾くのはイントロのピッコロ。 最近の氏のアレンジには
木管楽器が多く使われ、こだわりが強い。
ソロはトロンボーン~アルトサックス~テナー~ギター~ピアノと続く。
特に素晴らしいのは、アルトサックスのダン・ヒギンズ。
こういうリードとソロを撮れるのはネスティコ氏曰く彼だけとの事である。

今回変わった2種類の動画をのせてみる。
暗い世相と反対のほのぼのとした明るい曲調が何とも不思議である。

振り返ってみると、2012年の閉塞的な世相と1930年がそっくりなのは
気のせいか。


Rod Stewart 
On theSunny Side Of The Street         

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

Comment

非公開コメント

プロフィール

jazzmonth3567

Author:jazzmonth3567
ジャズマンスイン旭川ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。