スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

和製ジャズ温故知新.12/江利チエミ

モカンボセッションでモダンジャズの幕開けとなったが、モダンジャズが
大衆の音楽とはならない。
大衆の欲していたものは、軽音楽という日本語の歌入りのジャズ、歌謡曲
を欲していたのである。

ジャズブームの最中の1952年、日本にとって最も大事な「日米安全保障条約」
が発効される。 この発効により、占領軍は駐留軍となり規模を縮小して
日本に残ることとなる。

基地周りをしていた日本人ジャズマンは、基地以外でも演奏するようになり
ジャズブームに貢献するのである。

そのような中、キャンプ周りで鍛えた歌唱力とジャズフィーリングを日本人の
もともと持っていた「コブシ(節)」を取り入れ登場した歌手が「江利チエミ
である。

彼女は幼い時からキャンプ周りで身に付けた、黒人のジャズフィーリングと
日本人の心の底流に流れる浪花節の要素をあわせ、「テネシーワルツ」を歌う。
この歌は瞬く間に日本人の心をつかみ、一躍アイドルのような存在となる。
1953年のこの時期同じように、「思い出のワルツ」で雪村いずみがデビューする。

ジャズと邦楽フィーリングをあわせた江利チエミ、ミュージカルの歌い方をベースにした
雪村いずみ、演歌の美空ひばりをあわせて元祖!「三人娘」として時代をつくる。

敗戦によって傷ついた大衆の心には、舶来音楽のジャズよりも歌謡曲を
ベースにした、歌謡ポップスの方にブームは移り、ジャズブームは終焉する。

Comment

非公開コメント

プロフィール

jazzmonth3567

Author:jazzmonth3567
ジャズマンスイン旭川ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。