スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒストリー・オブ・ジュニアジャズ/2002年・スーパーバンド              エリック宮城&EMBAND登場!

2002年の共演で強烈に印象に残っているのは、エリック宮城&EMBANDです。

blog_import_50549aa2da25c.jpeg このバンド、日本で最も優秀な演奏家集団と言わ
 れ、主にスタジオワークを中心に活動するメンバー
 がエリック宮城のかけ声のもと集まった泣く子も
 黙る凄腕バンドである。

 スタジオワークを中心にするメンバーだけあって、
 初見の能力は言う及ばず演奏が本当に異常という
 ほどにうまい。この当時も今もこれほどのミュー
 ジシャンが集まっているバンドは私は知らない。

 個々のメンバーがみんな超売れっ子のミュージシャン。

エリック氏に聞くとスケジュールが合わなくて、なかなかライブが出来ない事が悩みと言う。 
勿論この時、都内以外には出た事がない。

そんな、スーパーバンドが北海道まで来ることに!。
その当時ジュニアジャズの特別講師を務めていた、エリック氏に相談したところ
何と来旭が簡単に実現してしまったのである。

それも、演奏会と合わせてJJOとも共演しましょうという。

な、何という事だ。
ヒョウタンから駒。 馬の耳に念仏。鬼に金棒。⌒⊥⌒ゞ(>_<)( ̄^ ̄)ゞ×○△・・。
私自身、何だか分からない状態に。

blog_import_50549aa40d2aa.jpeg このスーパーバンドとコンサート前日、障害児招待
 コンサートでJJOと共演する。EMBANDメンバ−は
 自分の子供のようなJJOメンバーとの共演に、ワク
 ワクしている。子供たちはと言えば、人の気も知ら
 ずみんな嬉しそうである。呑気なものである。 
 この呑気なところがJJOの持ち味と言えばそうなり
 ます。

 JJOは何と言っても月に1回しか練習に集まらない。
 自分で決めた事だが。それでEMBANDと共演である。 
 墓穴を掘って焦っているのは私だけである。

演奏会はEMBAND4曲、JJO2曲、合同1曲。
合同の曲は2年前から取り組んでいる子供たちの作曲した曲を編曲し、演奏するもので
初初演となるものです。
演奏は障害児と会場が一体になり、本当に感動的なものになった。

blog_import_50549aa5aa13c.jpeg この年はもう一つの出会いがある。IAJE
 (国際ジャズ教育協会)の総裁だったリチャード・
 ダンスカム氏との出会いである。この人
 と出会った事により2004年にニューヨーク招待
 公演が実現する。
 JJOの演奏とジャズ教育を高く評価したダンスカム
 氏が2004年のIAJEジャズコンファレンスに招待
 して下さったのです。 JJOを世界に広めてくれた
 大恩人です。良き出会いに感謝、感謝です。
※写真はダンスカム氏の特別クリニック。

■2002年の共演者
●03月第4回スプリング・ミュージックキャンプ開催。
 (講師:エリック宮城、土岐英史、向井滋春、深井克則、海老沢一博、佐々木義生)
●11月第4回JMIAジュニア・ジャズオーケストラクリエイティブコンサート開催。
 (共演:岡崎好朗、多田誠司、向井滋春、続木 徹、坂井紅介、海老沢一博)
●11月障害児招待コンサート。
 (共演:エリック宮城&EMBAND)
メンバー:(TP)エリック宮城、木幡光邦、 西村浩二、 佐々木四郎、 佐久間 勲
      (TB)中川英二郎、松本 治、清岡太郎、佐野 聡
      (A.SAX)鈴木明男、 近藤和彦(T.SAX) 佐藤達哉、 黒葛野敦司、(B.SAX)宮本大路
      (PIANO)松本峰明、(BASS) 村上 聖、(DR)岩瀬立飛、(PER)大石マリエ

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

Comment

非公開コメント

プロフィール

jazzmonth3567

Author:jazzmonth3567
ジャズマンスイン旭川ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。