スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャズマンス20年の最後に思う事.その.1

このところジュニア世代のジャズ演奏が盛んだ。

この事は1980年代には見られなかった事で
1990年代後半からのように思う。

実際1998年から開始した旭川でのジュニアジャズオーケストラ
結成時にはろくな指導メソッドがなかった。
当時IAJE(国際ジャズ教育協会)に問い合わせて資料を
取り寄せてもも自分のバンドでほとんど使えないものが多い。

2000年に入ってからは、クラブ活動の一環としてジャズ
取り上げられるようになり、各地でフェスティバル、コンテスト
も行われるようになってきている。

ジャズの底辺が広がる事は大変良い事で、何も悪い事は
なく思うが、本当か?

某コンテストの審査員は「コンテスト自体モチベーションが上がるので
悪いものではない」と言う。

ではそれがないと子供たちはどうか?なくても好きな子は続けるだろうし、
その反対もある。

では、一番困るのは?。 きっと指導者だろう。
指導者でプロ並みの演奏技術を持つ人は少ない。
ジャズの本質を見極めようと研究している人も
それほど多くないではないだろうか。

私は「素人の幼児からジャズに繋がる指導が必要と思っている」
ジャズは本来おおらかで、素朴なものなのである。
IMG_20151206_0001.jpg 
技術偏重の指導ではないあり方が、必要とも思っている。
ジャズのカテゴリーありきの指導ではない、風土から生まれるジャズ
と言ってもいいかもしれない。

本当に音楽が根付く為の条件は何だろう。
20年考えて来たが、結論は出ていない。

しかし、見えて来た事はある。
どうも、この日本の音楽の本当の意味の底辺は底が浅く感じる。
クラシックもジャズもポピュラーも。
なぜだろう。

考えてみたらそれはそうだ。
明治以降西洋音楽が輸入されてたかだか100年しか経っていない。
昭和から数えるともっと少ない。

この明治から昭和の時代に輸入?された音楽のあり方に
問題があるのかもしれない。
そして西洋音楽一辺倒の音楽教育も。

しかし、この写真。
IMGP9312.jpg

クリ.3.1

blog_import_50549d4c204e9.jpeg

IMGP1584-2.jpg

IMGP3178.jpg
しかし、その複雑な問題もこの子供たちの底抜けに明るい笑顔が
大きなヒントになるだろう。

それを考える今後になりそうだ。












テーマ : 音楽のある生活
ジャンル : 音楽

Comment

非公開コメント

プロフィール

jazzmonth3567

Author:jazzmonth3567
ジャズマンスイン旭川ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。