スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャズマンス温故知新 その.2/1995〜1998

 1995年に始めたジャズマンスイン旭川(ジャズマンス)
何と行ってもこの年の画期的だった事は、あのゲイリーバートン
が1ヶ月旭川に滞在したことだ。
ゲイリーはもうすでに、巨匠レジェンドの仲間入りをしている。
その1ヶ月滞在の最終日クリスタルホール音楽堂でコンサートが
行われた。TPタイガー大越、PFフェビアン・レザ・パネ
そのコンサートは色々な意味で、後に重要なコンサート
となる。
9504.jpg
96年のハイライトは何と行っても『自閉症児の音楽教室』
あのゲイリーバートンも参加。教室の最終日、集合写真を撮り
子ども達にもみくしゃにされながら、涙をぽろぽろ流していた
ゲイリーが懐かしい。この画期的な音楽教室は現在でもスモールワールド
として続いている。
9601.jpg
97年小曽根真が弦楽四重奏の為の曲を書く。
当時バークリー音楽大学を出たばかり、新進気鋭の
小曽根真に委嘱し、実現したもの。
その後、彼は作曲を本格的に勉強するため、イーストマン音楽院
に留学。その後は知っての通り、日本の代表するピアニストに。
写真はクリスタル公演のもの。
9711.jpg
98年、4年間温めて来た企画『JMIAジュニア・ジャズオーケストラ』
を結成する。このオーケストラは小中学生63名。
何でこんなに多いのかというと、オーディションをしなかったからだ。
『音楽をやりたい気持ちに優劣はない』との判断でこうなったが、
日本で誰もやっていない63名のジュニアジャズをやったお陰で、
多少の事に動じなくなった。
慣れとは怖いものだ。
今は皆さんレジェンドとなったゲストの皆さん、本当に若い。
9808JJOコンサート
99年に続く





テーマ : 音楽のある生活
ジャンル : 音楽

Comment

非公開コメント

プロフィール

jazzmonth3567

Author:jazzmonth3567
ジャズマンスイン旭川ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。