スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒストリー・オブ・ジュニアジャズ/2003年・国際ジャズ教育セミナーin旭川に参加!

2003年はジャズマンス・イン・旭川2003として国際ジャズ教育セミナーin旭川
が開かれました。 JJOはその中心参加メンバーとしての参加です。

IAJE(国際ジャズ教育協会総裁)リチャード・ダンスカム氏、同協会の理事でもある
マーシャ・ダンスカム氏、ウイリー・ヒル氏、日本からはエリック宮城(TP)中川
英二郎(TB)他3名の講師での旭川では初めてとなるジャズ教育セミナーです。

blog_import_50549a9530c9c.jpeg blog_import_50549a9653e3b.jpeg ジャズ教育とは言ってもジャズ発祥の地アメリカに比べ
 ると、
 日本はまだまだ後進国です。 
 教育メソッドにしてもほとんどが米国の翻訳です。
 これが、そのまま使えれば問題ないのですが、
 何と言ってもジャズ層の薄い日本ではほとんどがそのまま
 使えません。


旭川のJJOもまたメソッドと楽譜には本当に苦労させられました。
市販の楽譜でそのまま使えるものは皆無、そんな事からレベルに合わせて全て作り替えていました。 
これがとんでもなく時間のかかる作業。もう!本当に。

blog_import_50549a975f275.jpeg  今からして思えば、月1回の練習の為の準備でぎり
 ぎりです。週1回は理想ですが、現実的には
 不可能で当初の判断は間違っていなかった事になり
 ます。年間約11回のリハーサルで、育成しながら
 ゲストとの共演に備える事は、指導者の手腕も試さ
 れるところです。
 IAJEのリチャード・ダンスカム氏に此処のところ
 を相談したところ、IAJEにある全ての資料と
 指導者を提供する用意があるとの事。 まさに
 天の助けです。

IAJEと言うと、世界に1万人以上の会員、指導者を抱える巨大なジャズ教育団体である。

※初歩の即興演奏クリニックの場面。
blog_import_50549a989b675.jpeg しっかりしたコンセプトさえあれば、ジュニア
 ジャズは成功すると踏んで始めたのですが
その
 読みはあたったのです。


 元々この地は吹奏楽が盛んでブラスの素地がある
 ところに加え、ジャズマンスイン旭川との提携で
 多くのゲストに恵まれたところも、成功の鍵かも
 しれない。


このときのプログラムが以下のものです。これは、ダンスカム氏に相談なく決めたものですが、IAJEのプログラムとほとんど同じもので、ジャズの歴史を組み込む事は、IAJEより良いかもしれないとの事。 

■セミナープログラム
   1. 指導者に対するプログラム1.2      
   2. 初歩の即興演奏の実際
   3. 各楽器パートレッスン
   4. 合奏レッスン
   5. ジャズの歴史         
   6. JJOクリニック
   7. クリスタルホールコンサート    
    「ルーツ・オブ・ジャズコンサートVol.3」


此処での活動の確かさが示された瞬間でもあります。
blog_import_50549a99ec124.jpeg 
■2003年の共演者
 ●6月ジャズマンス・イン・旭川2003(国際ジャズ教育セミナーin旭川)に出演。
 (共演:リチャード・ダンスカム、マーシャ・ダンスカム、ウイリーヒル、エリック宮城、
     中川英二郎、続木 徹、井野信義、海老沢一博)
 ●11月第5回JMIAジュニア・ジャズオーケストラクリエイティブコンサート。
  (共演:エリック宮城、多田誠司)

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

Comment

非公開コメント

プロフィール

jazzmonth3567

Author:jazzmonth3567
ジャズマンスイン旭川ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。