スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒストリー・オブ・ジュニアジャズ/2004年その1・IAJEニューヨーク招待公演へ!

2004年は多くの出会いがありました。
2002年からワークショップ等で指導して頂いた、リチャード・ダンスカム氏を通じ、
2004年IAJEジャズコンファレンス・イン・ニューヨークへの招待を頂いたのです。

 2003年旭川で開催したIAJE国際ジャズ教育セミナー終了
 時、打ち上げの席上で「旭川のジュニアジャズオーケス
 トラを次回のコンファレンスに招待したい!」
と言う。
 私は社交辞令と思いながら聞いていたが、ダンスカム氏
 は「社交辞令ではないよ!」と言う。
 私はまたまた、ヒョウタンから駒。 馬の耳に念仏。
 鬼に金棒。⌒⊥⌒ゞ(>_<)( ̄^ ̄)ゞ×○△・・の状態に。
 昨年からといい、話がうまく出来すぎている。
 こんなに良い事ばかりが続いたらその後が怖い、などと
 思いたくなる。
 ダンスカム氏の一言で招待公演決定!となり、大急ぎで
 準備に入る。これが2003年6月の事、公演は2004年1月
 である。半年あまりしかないではないか。


子供たちに話すと??嬉々として喜んでいるが、事情とどれだけ大変な事かが全く分かっていない。
状況は親に話しても同じである。 子供は修学旅行、親は観光旅行と勘違いしている。
 こちらにいる時は気がつかなかったが、IAJE総裁の
 リチャード・ダンスカム氏がどれだけ大変な人かは、
 米国に行って初めて気付く。 言ってみれば、ダンスカム
 氏は全米のジャズ教育界のボス、大統領みたいなもの。
 これは、「大変な人に見込まれたものだ」と嬉しさと
 重責が錯綜し複雑な気分である。招待公演参加メンバーは
 40名、ゲスト参加でエリック宮城、土岐英史氏、父兄参加
 25名計67名による海外ツアーである。
参加メンバーには小学生もいる。 この子たちはアメリカに行く事がどれだけ大変か
まったく分かっていない。 時差の怖さにである。

案の定、向こうに付いてから子供たちは時差から来る体調不良でバタバタ倒れる。
このとき友人の医師に同行してもらったのが本当にこの時ほど心強く思った事はない。
全行程12日間の行程。 演奏ばかりではなく、観光もしたいという事で、マンハッタン
エンパイアーステートビル、レストランでの食事と修学旅行と変わらない。
これは本当に学校の先生は大変という事を実感する。

※前日ゲストとのリハーサル風景。
 3日間のコンファレンスプログラムのJJOの出番は2日目
 の午後。状況の分からない日本で色々行程プログラムを
 考えていたが、全くその通りにならない。 子供たちの
 体調と時差ボケの状態を見ながら、プログラムを修正し
 ての毎日である。
 コンサート前日夜リハーサルを行うが、まったく演奏
 できない。
それもそのはず、日本時間の早朝である。
 次の日は本番どうなるのだろう・・・と思いながら本番
当日を迎える。 こんなに大変なツアーだったか・・・。
この場面サクっと簡単に進めるつもりが当時の事を思い出し長くなったので

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

Comment

非公開コメント

プロフィール

jazzmonth3567

Author:jazzmonth3567
ジャズマンスイン旭川ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。