FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2018年ガイアクアトロライブ

倶楽部JMIA主催の今年初めての企画『ガイアクアトロin旭川』
が9月21日行われた。
IMGP7601.jpg
ガイアクアトロは2004年結成され、今年15年目という。
日本女流ヴァイオリンの第一人者、金子飛鳥、国際的に活動する
パーカッションのヤヒロ・トモヒロを中心にフランス在住の
ヘラルド・ディ・ジウスト、カルロス・エルテーロ・ブスキーニ
の4名からなるグループである。

このグループ何とも音楽のフィールドが広い。
ジャズ、クラシックはもとより、様々な民族音楽
(アフリカ、ラテン、ボサノバ、サンバ、アジア地域の音楽)
それが一体となり音楽が出来上がっている。

特にヴァイオリンの金子飛鳥はヴァイオリンの他、ヴォイスも
担当するが、独特の味わいを持っている。
IMGP7585.jpg
パーカッションのヤヒロトモヒロは日本人離れしたリズム感を
持つことで知られ、アフリカ音楽の造形が深い。
IMGP7586.jpg
ヘラルド・ディ・ジウストはクラシックをベースに
豊かなハーモニー感覚を表す。
IMGP7584.jpg
ベースのカルロス・エルテーロ・ブスキーニは6弦ベースから
コントラバスまで操る達人だ。
IMGP7571.jpg
その4名が微妙な立ち位置でお互いを理解しながら演奏する様は、
大人のプロの演奏と言ったところ。
このグループは益々深い境地に入っていくだろう。




スポンサーサイト

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

『倶楽部JMIA』第1回コンサート終了。

9月18日『倶楽部JMIA』発足企画第一弾、『伊藤君子スペシャルヴォーカルナイト』
が終了した。
IMGP4514.jpg
大きな企画を20年やってきた、ジャズマンスイン旭川(JMIA)も昨年で幕を下ろし、
この街で大きなジャズの企画をする団体がなくなった。

20年良いことをやってきたから、30年続くかというとなかなかそうはいかない。
資金の問題、実行委員の高齢化、受け継いでいく後継者不在、その他
問題は限りなく多い。
JMIAは幕を下ろしたが、次の世代が育つまで何かが続いてなければということで
発足したのが『倶楽部JMIA』だ。

この会では、エネルギーのいる大きな企画ではなく、小さくてもピリッと
辛い本物のジャズを紹介していきたい。

その記念となる第1回は伊藤君子さん。
コンサートを終了してみて、改めて名実ともに日本を代表するヴォーカリスト
ということを実感した。
年齢とともに広がる表現、情感、技術。
ヴォーカリストの永遠の課題は、年齢とともに衰える声域と声質。
IMGP4535.jpg
伊藤さんも声域は下がっているというが、それをカバーして余りある表現力と
声量。
IMGP4511.jpg
いつまでも良い歌を歌い続けてもらいたいと思う。


プロフィール

jazzmonth3567

Author:jazzmonth3567
ジャズマンスイン旭川ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
カレンダー
11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。