スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ジャズマンス20年の最後に思う事.その.1

このところジュニア世代のジャズ演奏が盛んだ。

この事は1980年代には見られなかった事で
1990年代後半からのように思う。

実際1998年から開始した旭川でのジュニアジャズオーケストラ
結成時にはろくな指導メソッドがなかった。
当時IAJE(国際ジャズ教育協会)に問い合わせて資料を
取り寄せてもも自分のバンドでほとんど使えないものが多い。

2000年に入ってからは、クラブ活動の一環としてジャズ
取り上げられるようになり、各地でフェスティバル、コンテスト
も行われるようになってきている。

ジャズの底辺が広がる事は大変良い事で、何も悪い事は
なく思うが、本当か?

某コンテストの審査員は「コンテスト自体モチベーションが上がるので
悪いものではない」と言う。

ではそれがないと子供たちはどうか?なくても好きな子は続けるだろうし、
その反対もある。

では、一番困るのは?。 きっと指導者だろう。
指導者でプロ並みの演奏技術を持つ人は少ない。
ジャズの本質を見極めようと研究している人も
それほど多くないではないだろうか。

私は「素人の幼児からジャズに繋がる指導が必要と思っている」
ジャズは本来おおらかで、素朴なものなのである。
IMG_20151206_0001.jpg 
技術偏重の指導ではないあり方が、必要とも思っている。
ジャズのカテゴリーありきの指導ではない、風土から生まれるジャズ
と言ってもいいかもしれない。

本当に音楽が根付く為の条件は何だろう。
20年考えて来たが、結論は出ていない。

しかし、見えて来た事はある。
どうも、この日本の音楽の本当の意味の底辺は底が浅く感じる。
クラシックもジャズもポピュラーも。
なぜだろう。

考えてみたらそれはそうだ。
明治以降西洋音楽が輸入されてたかだか100年しか経っていない。
昭和から数えるともっと少ない。

この明治から昭和の時代に輸入?された音楽のあり方に
問題があるのかもしれない。
そして西洋音楽一辺倒の音楽教育も。

しかし、この写真。
IMGP9312.jpg

クリ.3.1

blog_import_50549d4c204e9.jpeg

IMGP1584-2.jpg

IMGP3178.jpg
しかし、その複雑な問題もこの子供たちの底抜けに明るい笑顔が
大きなヒントになるだろう。

それを考える今後になりそうだ。












スポンサーサイト

テーマ : 音楽のある生活
ジャンル : 音楽

ジャズマンスイン旭川プレファイナルに想う。

20年来続けて来た『ジャズマンスイン旭川(JMIA)』も、来年20回目で
ファイナルにしようと思う。
と、言うことは、今年19回目がプレファイナルの年だ。

1995年に初めて開催したJMIAは、数々の企画を成功させて来た。
JMIAの歴史参照)jazzmonth3567.blog.fc2.com/blog-entry-16.html
自分で言うのも可笑しいが、このような音楽祭は日本では聞かない。
地域への啓蒙と次世代の啓蒙を柱にして、クリスタルホールを舞台と
して開催して来た。

開催当初はmonthの名前の通り、1ヶ月間にわたり、事業をやりまくっていた。
しかし、この数年は3日から1週間の開催となっている。

20年近くもやっていると、20代の人間が40に、40代の人間は60に。
世の中を見回してみると、パワーがあり行っている高齢者?が多い。

若者に負けないようにではなく、若者がかなわないのだ。
経験、洞察、展望どれを取っても自分と同年代が勝る。

このJMIAはひたすら音楽の力を求められる所にエネルギーを注いで来た。
会の人間すべてに共通することは、『無償で次の世代の為に力を尽くしている
こと』
。ボランティアではない。 もっと自然なものだ。

困っている人がいたら、黙って手を差し伸べる。
これは、なかなか出来そうで出来ることではない。

この街で、20年続けてきて、実りのあったもの、さほどなかったもの
両方があるが、徒労に終わったものも多い。
エネルギーを補充しないで、出し続けるのは無理がある。
次世代に夢を与えるには、自分がいつも夢を見ていなくては、
与えられるはずがない。 

そういう意味では、この文化が不毛な街で夢を見続けるのは相当な
覚悟と努力がいる。
お金の見返りはともかく、何か違う見返り・・・。
夢につながるもの。 それが欲しい。

これからも夢は見続けるが、少し休んでエネルギーの補充も大事だろう。

さて、これから3日間今年のジャズマンスだ。
誰かの言葉ではないが『最後は気合いだ!!』

理屈では20年は続かないのである。

コンサートPR 

















テーマ : 音楽のある生活
ジャンル : 音楽

旭川『JJOリユニオンの会』発足

2012年 11月1日「JJOリユニオンの会』を設立します。

この会は、旭川JMIAジュニアジャズオーケストラ(JJO)を対象にしたものです。
このJJOは1998年から2010年まで12年間活動しました。
現在は活動休止中です。

そのような事もあり、OBが集まれる会が望まれていた事から
会の発足となりました。

全国に拡散しているメンバーが集結し、1年に1回コンサート
(リユニオンコンサート)をおこないます。

98年当時小学生だったメンバーが、今は立派な社会人。
果たしてどのようなコンサートになるか?

目に留まった人はこちらにご連絡を!!
ysasaki@mxy.mesh.ne.jp  佐々木義生

blog_import_50549b152bf1f.jpeg 

blog_import_50549b2270f84.jpeg 

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

ジャズの近況に思う!

このところジュニア世代のジャズ演奏が盛んだ。

この事は1980年代には見られなかった事で
1990年代後半からのように思う。

実際1998年から開始した旭川でのジュニア・ジャズオーケストラ
結成時にはろくな指導メソッドがなかった。
当時IAJE(国際ジャズ教育協会)に問い合わせて資料を
とってもほとんど使えないものが多い。

2000年に入ってからは、クラブ活動の一環としてジャズが
取り上げられるようになり、各地でフェスティバル、コンテスト
も行われるようになってきている。

ジャズの底辺が広がる事は大変良い事で、何も悪い事は
なく思うが、本当か?

某コンテストの審査員は「コンテスト自体モチベーションが上がるので
悪いものではない」
と言う。

ではそれがないと子供たちはどうか?なくても好きな子は続けるだろうし、
その反対もある。

一番困るのはきっと指導者だろう。
指導者でプロ並みの演奏技術を持つ人は少ない。
ジャズの本質を見極めようと研究している人も
それほど多くないではないだろうか。

私は「素人の幼児からジャズに繋がる指導が必要と思っている。」
ジャズは本来おおらかで、素朴なものなのである。

blog_import_50549a11f34e6.jpeg
技術偏重の指導ではないあり方が、必要とも思っている。
ジャズのカテゴリーありきの指導ではない、風土から生まれるジャズ
と言ってもいいかもしれない。

最近、歳のせいか老婆心の様な発言が多くなるが、日本人の日本のジャズ
が聴きたい。

(暑くうっとうしいので爽やかな旭川郊外の山水の写真を一枚)
IMGP0246n2.jpg

テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

ジャズ雑感/グルヴィースイング・ジャズバンド登場!

この7月7日、旭川JMIAジュニア・ジャズオーケストラ(JJO)のOBが
初めてコンサートを行う。

このバンドの母体となるJJOは1998年から2010年まで12年活動をおこなった。
その活動の中で育ってきたメンバーである。

長い者で小学校から12年在籍しているメンバーもいる。
これだけ関わりが長いと当然思い入れも強くなろうと言うもの。

今回は中心メンバー5名の他、他のOBメンバーも参加、ゲスト中村達也トリオ
を迎えてのにぎやかなコンサートです。

そもそもこのグループはオールドジャズを研究する「OLD JAZZ研究会
として発足したが、ジャズという言葉が死語となリつつある今、若者があらためて
ジャズの本質を問おうというものである。

果たして今の時代にジャズのエネルギーを発露するような演奏が出来るかが
問われる。

頑張れ若者!!



テーマ : JAZZ
ジャンル : 音楽

プロフィール

jazzmonth3567

Author:jazzmonth3567
ジャズマンスイン旭川ブログへようこそ!

最新記事
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
月別アーカイブ
リンク
最新コメント
最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。